Home Contact Sitemap

洛星ロボット研究部 開発日誌

洛星中学高等学校のロボット研究部・同好会のブログです。

    アーカイブ
    ブログロール
    • happybusy
    Amazonサーチ

[ROOT] Androidでルート証明書を入れる

Filed under: Android,ROOT,パケットキャプチャ,証明書 タグ: , ,

今日も、こんばんは。65th会計のTomoです。

アプリのパケットキャプチャをした時のことについてお話します。

Android 6.0.1のタブレットでは通信が見れたのにAndroid 7.0のスマホでは見れない。

何故かと思って原因を調べるとこちら(Android開発者ブログ : Android 7.0からの信頼できる証明書の変更)にありました。

要約するとAndroid 7.0からはデフォルトでユーザー証明書を信頼しなくなったよーんってことですがこれは困った。パケットキャプチャができないではないか。

しかし幸いにもこの端末はルートを取得していたのでユーザー証明書が保存されているパスからシステムの証明書が保存されているパスにコピーすれば信頼されたCA証明書として認識してくれるのではないか

ユーザー証明書は/data/misc/user/0/cacerts-added/に保存されています

CA証明書は/system/etc/security/cacerts/に保存されています。

そこにコピーするだけ?簡単でしょ

今日はこれで終わりです。それじゃまた明日~

By Tomo . 2019-02-04 . 22:08
コメントお待ちしております!

Win10でWindows File Managerを使ってみた

Filed under: Windows,Windows10 タグ: , , , ,

ブログの毎日更新をしようと頑張っている会計 65thのTomoです。

そもそもWindows File Managerとは何ぞや?

Windows File ManagerはMS-DOSに置き換わるファイルのコピー、移動、オープン、削除、検索などを行うソフトとしてWindows 95Windows NT 4.0に乗せられたものだそうです。 from Wikipedia

実はこちらのソフト、前に話題になったのでご存じの方も多いかと思いますが、オープンソースになり改良がくわえられ、Windows 10で動きます!!

GitHub(Microsoft/winfile) Original Windows File Manager (winfile) with enhancementsで公開されているの興味のある方は是非

さあ、インストールしよう!

Windows File Manager、インストールの図

まずは、Microsoft StoreでWindows File Managerと検索。でこれが出てくるのでインストール。そこまで大きくないのでインストールは結構早く終わります。

使ってみた

Android Studioのプロジェクトを見た図

この二つに分かれてるの悪くないけど慣れない。。。

でもドライブごとに見れるのはうれしいよね

左側、一つ奥に進むのにダブルクリックしないと、慣れんわ

でも軽いから大好き。

感想

やっぱ軽いのいいよね!ドライブごとに管理できるの最高やわ!

みんなも使ってみてね~

By Tomo . 2019-02-03 . 23:12
コメントお待ちしております!

Android StudioのCanary(早期運用版)導入でつまずいた話

Filed under: AndroidStudio,小ネタ タグ: , , , ,

会計、65th.Tomoです。

さっき、公式サイトからCanary版をダウンロードして展開したのですが何故か

ダウンロードしてアプデしろと言われる。。

公式サイトから最新版を入れてきたのに。。 困った 。

結論から言えば言語設定を日本語にしてたから悪かった。英語版ではしっかり表示されていた。

無事ダウンロードできたので使っていきますね~

By Tomo . 2019-02-02 . 22:40
コメントお待ちしております!

[2019] 新会計 自己紹介

Filed under: ブログ

皆様、はじめまして。新会計のTOMOです。

そもそもなぜロボ研へ入部したのか?

僕は実はもともとロボ研にいたわけではなく、中三(今年度)から入部しました。もとは帰宅部状態だったんですが、中学二年生の時にK君の話を聞いてロボ研への入部をしました。(中学一年にあるクラブ紹介でロボ研のことは聞いたものの「僕ソフトONLYだから需要ないか。。。」と思って入らなかった、損したあ)

そもそも自分のタイプは?

基本的にはJava推しですが、Pythonも書けます。Android Javaは得意中の得意(だが、ロボットで使う機会があまりない。。)

正直、おっちょこちょいで… いろいろあると思いますがよろしゅうお願いします。

最後に

とても頼りない僕ですがよろしくお願いします!

By Tomo . 2019-01-23 . 23:24
コメントお待ちしております!

[Aquila]2018年度ロボカップジュニア京滋奈ブロック補足資料

Filed under: Aquila タグ: , , ,

プレゼンシートでは載せきれなかったアルゴリズムについて少しだけ説明したいと思います。
(おそらくわかりずらいので、どしどしお聞きください。
以下相方(アルゴリズム担当)のそのままです。

実機での探索アルゴリズムにはDFSにほんのりと評価関数を加えたアルゴリズムを使用しています。
また、DFSにおける頂点間の移動時に、単一始点最短経路問題(SSSP)を解いているのですが、
後述の通り重み無しのグラフなのでダイクストラ法ではなくあえて幅優先探索(O(E))を用いる事で高速化しています。
マッピングについては、30*30のマス一つを頂点とした重み無し無向グラフを構造体をつなげることで表現しています。
fig01
(画像の出典はhttps://www1.doshisha.ac.jp/~mjin/R/61/61.html)
また、頂点の重複がないか確認する為に既存の頂点をすべて保存していて、
保存の為にAVL-tree(検索、挿入、削除共にO(log V))を用いる事で検索、構築を高速化しています。
以下補足。
※ダイクストラ法について
幅優先探索の特殊版のようなものです。(最良優先探索の一つ)
辺の重み(>0)に関する優先度付きキューを用いて辺集合を成長させる事で最短路を求める方法です。
(優先度付きキューの種類によって計算量は変化します。)
※AVL-treeについて
|左の部分木の高さー右の部分木の高さ|<=1を満たす木の事です。
これによって木の高さを平衡に近く保つ事で探索性能をO(log(V))に抑える事が出来ます。
(挿入、削除時に木を回転させています)
※DFS(深さ優先探索)とは一旦進めるまで進み、行き止まりに到着すると一つ前の分岐点にもどり、未探索の方へ進むという方法です。

らしいです。
自分でもわかりません(;’∀’)
こちらの資料(相方作)をご覧になると少しだけわかるかもしれないです・・・
ちゃんと動いてくれよ俺たちのロボット・・・
以上正月にプレゼンの原稿作ってるAquilaでした。

By 63rd Kayaki . 2019-01-01 . 23:28
コメントお待ちしております!

京都ノードの結果発表!!

Filed under: お知らせ

TOSHIIです。きたる12月2日、我が洛星中学・高等学校にてロボカップジュニア京都ノードが行われました。結果を伝えておきます。


<サッカービギナーズ>

オリオン(67th)  1回戦 vsヤマト科学チーム  ⇒ 0-1 負け

 

3回戦 vsチームSS                     ⇒ 5-0 勝ち(不戦勝)

 

6回戦 vsユビキタス     ⇒ 0-6 負け

 

9回戦 vsチームジャスティス ⇒ 1-3 負け


<サッカーオープン>

MUSCA    (65th)    1回戦 vs Rayout         ⇒ MUSCA側が棄権

 

2回戦 vs Sagittarius     ⇒ どちらも棄権

 

 

Sagittarius (65th)   2回戦 vs MUSCA        ⇒ どちらも棄権

 

3回戦 vs Rayout         ⇒ Sagittarius側が棄権


<レスキューMAZE>

シリウス  (67th)     ⇒    1走目:0点 + 2走目:0点  = 0点

 

プロジェクトX    (67th)   ⇒ 1走目:0点 + 2走目:0点     = 0点

 

Team Regulus(66th) ⇒   1走目:0点 + 2走目:10点 = 10点

 

Aquila       (63rd)  ⇒ 1走目:55点 + 2走目:10点 = 65点


という結果になりました。65th(僕)はがんばらないとまずい!

皆さんお疲れさまでした!そして長い執筆を頑張った僕お疲れ!(なお、サッカーライトウェイト、レスキューNIPPONリーグとLINEは出場しておりません。)

By TakagiToshiyuki . 2018-12-02 . 23:38
コメントお待ちしております!

自己紹介。

Filed under: ブログ

はじめまして。新会長になる(予定)のTOSHIIです。(とっしーって呼んでください)

<入部理由>

もとは弓道部だったんですが、文化祭で会った某T君が言った言葉、” ロボットは夢がある ” に感銘を受けて入部を考えました。

全くの新世界でうまくいくかわからなくて悩んだんですけど、「新しい世界を体験するのもいいか」と思って入部しました。で、1年ちょっと経ってますがいまだに自分にあっているのかわからないんですねえ笑 困ったものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<新会長として>

そうこうしてるうちにあの偉大なるshun様に会長を任されまして。ありがたいものです。が、あえて本音を言わせてください!

めちゃくちゃ不安!!

正直、おっちょこちょいで… いろいろあると思いますがよろしゅうお願いします。

By TakagiToshiyuki . 2018-12-02 . 22:11
コメントお待ちしております!

TEPIA助成事業採択のお知らせ

Filed under: TEPIA,お知らせ,クラブ全般,文化祭,未分類


どうもShunです。お久しぶりです。

なんと今年はロボット研究部が創立されて15周年だそうです。Tシャツでも作ろうかなぁ🙄

さて、夏休みに入りましてブログと、ホームページを更新しようかなと思うこの頃です。

文化祭に向けてパネルやCM等がんばって作成したいと思います。

今年はロボットを知るをテーマに展示していきます。

サッカーロボットの操作体験プログラミング体験を新たに取り入れる計画をしています。ぜひ御来場ください。

今年は9月15-16日の実施です。

本題のTEPIAチャレンジ助成事業ですが、一昨年にはのぼルンバ、昨年はLINEMAKERと2年連続グランプリを頂いてきたわけですが、今年もなんと採択されました。サイトはこちら

今年は自動司書Alvaという名前のロボットを作ります。

本の蔵書を管理する予定です。

今年もグランプリ目指して頑張りますのでよろしくお願いします!文化祭にもプロトタイプを展示したいと思っています。

前回投稿したLINEMAKER2号は間に合うかなぁ……?文化祭でのお楽しみです。。

以上です。

By 63rd Kayaki . 2018-08-01 . 19:07
コメントお待ちしております!

TEPIA2017でグランプリをいただきました

Filed under: 未分類

Shunです。

遅ればせながら、2017TEPIAチャレンジ助成事業において、無事2年連続グランプリをいただきました

今回は白線引きロボット「LINEMAKER」を作成いたしました。目標を完全に達成するにはいたりませんでしたが、PI制御が認められ、無事グランプリを獲得できました。

機体は東京に置いてきているのですが、来年の文化祭までにはもう一台作成し、さらにバージョンアップしたLINEMAKERが展示してあることでしょう。

ホームページはこちら

 

そして、オープンスクールも無事終わり、次は京都ノードです。

今年は初めてここ洛星高校で開催されます。

今年は中1はサッカービギナー数班と、レスキューメイズ1班、中2がサッカーオープンに1班、高1レスキューメイズ1班で出場します。

高2とOBが集まったサッカーオープン班も楽しみです。

中2は初めてのプリント基板設計をしています。

あと少ししかないですが、頑張りたいです。

 

 

 

By 63rd Kayaki . 2017-11-16 . 13:21
コメントお待ちしております!

ATxmegaのUART通信について。

Filed under: ATxmega関連,未分類 タグ: ,

どうもこんにちは。Shunです。

今回はxmegaのUART通信のソースを公開していきたいと思います。

UART通信って何?っていうひとはggrks Google大先生に聞いてください。

テスト環境はUSARTE1でATxmega128a1uの内部発振子32MHzでボーレート9600bpsです。

ではではコード説明に移りましょう。


void init_usart(void){
PORTE.DIRSET=PIN7_bm;//PORTE7をOUT設定
PORTE.DIRCLR=PIN6_bm;//PORTE6をIN設定
USARTE1_BAUDCTRLA =207 ;//USARTE1のボーレート設定
USARTE1_BAUDCTRLB =0x00 ;//USARTE1のボーレート設定
USARTE1.CTRLC = (USARTE1.CTRLC & ~USART_CHSIZE_gm) | USART_CHSIZE_8BIT_gc;//データbit数設定
USARTE1.CTRLB = (USART_RXEN_bm | USART_TXEN_bm);//TXD,RXD許可
}


以上がUSARTのイニシャライジングです。

特に何もいうところはありませんね。

ボーレート設定はデータシートを読んでください。

以下、データ送信です。


void usart_send(char c)
{

while( !(USARTE1_STATUS & USART_DREIF_bm) ); //Wait until DATA buffer is empty

USARTE1_DATA = c;

}
void usart_string(char *text)//文字データ送信
{
while(*text)
{
usart_send(*text++);
}
}

void usart_putdec(uint16_t data){//4桁数列送信
usart_send(data/1000 + ‘0’);
data %= 1000;
usart_send(data/100 + ‘0’);
data %= 100;
usart_send(data/10 + ‘0’);
data %= 10;
usart_send(data + ‘0’);
}


特にいうことなしですね。

まあ。こんな感じでしょう。

送信完了割り込み等はしておりません。

将来的にできるようになりたいなと。。。

今回は以上ですね。

今はI2CとSPIに苦戦中です。

最後にソースをまとめたものを。


void init_usart(void){
PORTE.DIRSET=PIN7_bm;//PORTE7をOUT設定
PORTE.DIRCLR=PIN6_bm;//PORTE6をIN設定
USARTE1_BAUDCTRLA =207 ;//USARTE1のボーレート設定
USARTE1_BAUDCTRLB =0x00 ;//USARTE1のボーレート設定
USARTE1.CTRLC = (USARTE1.CTRLC & ~USART_CHSIZE_gm) | USART_CHSIZE_8BIT_gc;//データbit数設定
USARTE1.CTRLB = (USART_RXEN_bm | USART_TXEN_bm);//TXD,RXD許可
}

void usart_send(char c)
{

while( !(USARTE1_STATUS & USART_DREIF_bm) ); //Wait until DATA buffer is empty

USARTE1_DATA = c;

}
void usart_string(char *text)//文字データ送信
{
while(*text)
{
usart_send(*text++);
}
}

void usart_putdec(uint16_t data){//4桁数列送信
usart_send(data/1000 + ‘0’);
data %= 1000;
usart_send(data/100 + ‘0’);
data %= 100;
usart_send(data/10 + ‘0’);
data %= 10;
usart_send(data + ‘0’);
}

 

By 63rd Kayaki . 2017-06-07 . 17:03
コメントお待ちしております!
古い記事 »